TPPは環太平洋なんだから、中・ロ・韓が参加しないのはおかしい思うのは小学生でも常識

画像


事実上、米国の一方的ないいががりによる日米間の二国間経済摩擦問題であるTPPであるが、野豚首相が参加交渉表明を行ってから、申し合わせたかのようにカナダとメキシコが参加交渉の表明を言い出した。

そして、大外からはNo.1経済大国である中国が、我々がTPPの招待を受けていないのはおかしい、との政治的駆け引きを始めたところで、はなから中国に参加してもらっては元も子も無いオバマ米国は、お得意の口八丁により、中国の国内政治問題を理由に、参加時期尚早との意味不明な弁明をしているようだ。

しかしながら、呼んで字の如く、TPP=「環太平洋における自由貿易のパートナーシップ」なのだから、中国・ロシア・韓国・台湾なども参加する意義があるはずなのに、参加の招待もされていないというのは、初めから中国を孤立させる目的であることがみえみえ過ぎることが伺える。要するにこれは経済ブロックの構築と見せかけた、軍事包囲ブロックであると言うことが読み取れないといけない。

基本的に本来破綻国家であり、強欲でケチなユダヤ米国は、一石二鳥どころか、一石五鳥、十鳥を狙っているのであり、軍事包囲網を作りつつ、イカサマで押し付けの経済制裁で日本から富を収奪することしか考えていないということなど、馬鹿でもわかる常識だろう。これはB層だろうと関係なしに、理解できないほうが悪いとしかいいようがないだろう。

いずれにせよ、APEC《アジア太平洋経済協力会議》があるのにTPPなんてものが今更必要ある訳もなく、TPPに中国・ロシア・韓国・台湾が加われば、これAPECでしょ??結局のところ振り出しに戻るだけで何の意味もない茶番に過ぎなかったとなるのも時間の問題かもしれないな。

この記事へのコメント

やまちゃん♪
2011年11月16日 09:32
僕の住む「山陰」地方でも一般の純真な人達は昨年の「尖閣衝突問題」で、「嫌中派」が大いに増殖中!
近くに「美保基地」なんかもあって自衛隊の諸君のコメントにも「嫌中派」が勢力を拡大しているようだ…
最新の佐藤優氏の週刊誌コメントでも「対中政策」に強く言及してるが、尖閣以外にもアジア各国との軋轢が深刻さを増長してる
この問題にアメリカは自身のプレゼンスを賭けて、戦争が起これば「儲けもの」と牙を磨いで待ち構えている…
日本は「マスゴミ」のデタラメ報道の増長に注意せねばなるまいが、「NHK」自体もかなり変質して、ミスリードが確信的になってるからかなり注意せねばならない!
木村太郎、池上彰、手島龍一などは売国奴の急先鋒であり、彼等こそ悪魔の手先と言えるだろう!!!
更に、ミヤネ屋、小倉智明、タカジン、辛坊なども嘘八百つきまくり。
完全にマスゴミはアメぽちに成り下がっている
格段のご注意を…
春曲丼
2011年11月16日 14:58
TPPは、参加国が増えれば増えるほどダメリカにとってやりにくくなっていきます。フィリピン、パプアニューギニアも参加表明です。中露が加わったら、計画はパーですな。
他の参加国の顔ぶれをみるとそのほとんどが、嫌米国。どつきあいのせめぎ合いでまとまる話もまとまりそうにないです。www

ダメリカの第二次大戦での成果は、経済力、軍事力、国民の賛同などがあったからこそであり、現状で、同じことは望めないでしょう。

この先、ダメロ切り替えで借金踏み倒しを目論んでいるようですが、これまたうまくいくかどうか? TPPに限らず、何をやってもすべて裏目に出るようなので、見ものですね。

とはいえ、第三次世界大戦を利用しての再起を諦めているとは、思えませんので、警戒が必要だと思います。
三毛猫詩人
2011年11月20日 22:18
ガムを噛みながらAPEC の会談に臨むObama大統領ってあり?http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111119/t10014075021000.htmlそんなObamaに尻尾を振り続ける野田寄生虫。TPP が思うようにならないからっと言って、ガム噛みながら自暴自棄になることはないでしょうが、ですね。

この記事へのトラックバック