CIA石原都知事でさえ反対のTPPだが、この戦後最悪の売国政策に賛成派の議員は次の選挙で叩き落せ!

10/28に行われた、石原都知事による定例会見で、戦後最悪の米国による日本潰しの国家的犯罪政策であるところの、TPP(トンデモ・パワー・ポリティクス)について、見事な愛国的石原節をかました都知事であるが、まさに正論で、ごもっともな内容でした。以下に概要を掲載しました。

石原さん、ちょっと見直したよアンタ!やるねぇ~!!


---TPPに関してどう思うか?

反対!

あんなものアメリカの策略でね
みんなもうちょっと頭冷やして考えたほうがいいよ

日本の経済界はモノを売りたいっていうけど
色んな弊害が出てくるね

だからそういうものをみんな熟知して
議論したらいいんですよ


---具体的には

農業などはそうでしょう。

それから懸念されることは・・・
だいたい小泉時代にやったアメリカの
市場原理主義が日本に何をしましたか?

物事をアメリカのパターンになぞらえることで
幸せになっていい国になりますか?

アメリカのグローバリズムというのはそういうことで
アメリカのシステムを押し付けることなんですよ

TPPだってそうじゃないですか、
ブルネイとかシンガポール、マレーシアとか
そんなちっぽけな国が対象じゃないんだよ、
なんと言ったって一番大きなマーケットは日本ですよ。

私は農作物は怖いと思うし、遺伝子を組み替えた
穀物というのは結果がどうなるかわからないから、
10年、20年と経たないとわからないからね。

医療については、国民皆保険なんてので
かなりの長寿が保たれている訳なんだけど、
そういったものが基本的にぐらついてくるでしょうな。



※TPPに関しては17:55辺りから

この記事へのコメント

PINK
2011年10月31日 23:22
確かに、今のところ、良いことを言ったようですね。

ですが、私は、この人を全く信じていませんし、優秀な俳優だと思ってるので、

裏で最初から結託していて、
 ▼
まず、思いっきりTPPに反対しておく、
 ▼
そこで野田らと真っ向でもめる
 ▼
野田がTPPの内容の一部項目で譲歩する(どうでもいい項目で)
 ▼
石原が「それなら問題ない」と云う
 ▼
「あれだけ反対していた石原都知事が、それなら問題ない、と言うのだから大丈夫だろう」と国民が騙される

こういうデキレースである可能性を十分に警戒しましょう。
春曲丼
2011年11月01日 13:53
石原都知事の言動には、これに限らず、いつも警戒しています。
今のところは、正論ですけどね。

「ブルネイとかシンガポール、マレーシアとか
そんなちっぽけな国が対象じゃないんだよ」
   ↑
嫌なセリフですね、ウソではないですが、いちいち言う必要があるのでしょうか。
RKさんもブルネイのことを低く評価されていたので、驚いています。
十数年前にブルネイに行ったことがあるのですが、小さいけどゆとりのある国でした。
富の分配が、国民にそこそこ公平に行き渡っている感じで、その点では、日本よりずっとまともだと思います。
三毛猫詩人
2011年11月04日 01:44
私もこの人は嫌いですが、TPPに反対する方が一人でも今のところは多い方がいいような気が致します。アメリカのグローバリズム=寄生虫の寄生行動のTPPですよね。ただ他の国を小ばかにしたような物言いはいやです。

この記事へのトラックバック

  • TPPは止めておけ!

    Excerpt: 熟読すべし! 問題の核心は農業ではない! なんでみんな分からないのかねぇ。とくに財界のエライさん。 まさか、TPPと円安のバーター(裏取引き)とか?(笑) TPPは止めておけ!by "Wor.. Weblog: 暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用 racked: 2011-11-01 17:54