地球深部探査船「ちきゅう」乗組員が人工地震と断言!

おいおい、地球深部探査船「ちきゅう」の掘削操業監督さんが人工地震を起こしてるって言ってるじゃないか!(下記動画の2分あたりから・・・)
どうも「ちきゅう」の出現する場所に地震が発生してるという噂は本当だったらしいな!
じわじわと外堀から攻められてますね、3.11テロの黒幕さんたちも。




【建前】
「ちきゅう」は科学史上初めて巨大地震の震源まで掘削し、そこを直接観測し、地震がなぜ発生するのか、そのメカニズムを解明します。また、掘削した孔(あな)には観測装置を設置し、地震発生と同時に、その情報を陸上へすばやく伝えるシステムを目指しています。

【本音】
空母は事前にあそこで何が起きるか知っていて待機していたのです。助けに来たのではなく、地震が起きて津波になり原発がどのくらい被害が起きたのか様子を見ていただけですから、放射性物質が飛散していることが分かるとヘリの乗員が被爆したと大騒ぎして(実は大喜びして)避難するよう指示が出されました。一説にはHARRPではなく三陸沖で原子爆弾を爆破したとも言われています。原爆なら放射性物質が検出されますから、それを誤魔化すために3号機でプルトニウムを使わせたのではないでしょうか。プルトニウムを使い出したのはつい最近のことです。

私が不思議に思っていたのは、この地震の生じた時に、掘削船地球がどうしてそんな危ない所にいたのかということである。その理由は分からなかったが、どういうわけか、ちきゅうはかなり地震に近い場所にいた。なぜだろうか?そういえば、NZのクライストチャーチの大地震でも地球掘削プロジェクトが存在した。偶然の一致だろうか?

▼地下深部掘削船「ちきゅう」が震源近くに居た件
http://ameblo.jp/hope-after-despair/entry-10836132414.html

この記事へのコメント

元JAMSTEC派遣技術員
2011年04月29日 20:24
人工地震より怖いのはこの組織の金の使い方。年間何兆って好き放題に運航費始め実験や人件費に使ってる。しかも全く成果のない・・・。国民の税金だよ!いいかげんにせいよ。
元派遣技術員
2011年05月03日 01:15
最近得た情報では、地震発生当時、ちきゅう甲板から津波で流されていく人を見た職員がその様子を話のタネにしています。地上の職員は被災地から強引にタクシーを借りて帰ってきました。職員としてはもちろん人間として有りえない。
匿名希望
2013年04月06日 23:43
B層って何?

この記事へのトラックバック