B層よ!今こそ覚醒せよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 資源エネルギーの奪い合いが人類の争いの火種でもあり、技術の進歩でもあることの矛盾

<<   作成日時 : 2011/09/17 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 3 / コメント 4

古くは大航海時代の植民地争奪戦争・石炭争奪戦争、産業革命以降の石油争奪戦争、そして原子力利権争奪戦争。

愚かな人類はいつの時代も敵の恐怖に怯え、己の欲望に負け、資源・エネルギー利権を手に入れる為に、他国の陣地に攻め込んでは侵略・殺戮を繰り返してきた歴史がある。

最近では自動車産業でもようやく、電気自動車や水素自動車などの脱ガソリン車が、表メディアで取り上げられるようになってきたが、本来石油や天然ガスなどの炭素エネルギーに頼らずに、空気を汚さず、地球を破壊せず、環境に配慮した本物のクリーンエネルギーが求めらて然るべきなのだが、どうも石油エネルギー覇権国の、世界の警察暴力団国家に気を使っているのか、怯えてしまっているのか、なかなか新エネルギー政策に取り組むことのできない日本政府である。

しかし21世紀はアジアの時代である。21世紀に入ってからまだ10年だ。21世紀は間違いなくアジアの時代が来るだろう。いや21世紀もアジアの時代なのだ。何せ中国とインドだけで何人いるのよ?世界の人口の6割以上はアジアに集中してるんじゃないのかな?これが全てなんだよね。我々アジア人は既に世界一なのよ、人口がね。

まあ、これを良く思わない、太平洋の向こう側の連中がアジア共同体的な思想を封印しようとしているんだけれど、これに気がつかないと一生、日の丸や日章旗を振りかざして、新宿や日比谷あたりを練り歩く方々と何も変わらない思想になっちゃうんだろうね。

しかし、柔軟な発想というのは大切である。いっそ、子供たちに未来の『永久機関エンジン』とやらを発想させてみてはどうだろうか?子供だけじゃなくていいな、発想は自由だから、全ての人達に発想させてみたいね。

もういい加減資源争奪の戦争は終わらせないとダメだな。

いずれにせよ、日本が米国債を買ったり、増税で集める金は、全て米英仏の引き起こす戦争に使われるだけだ。間接的に犯罪者に手を貸しているんだよ、我々が汗水流して働いた金でね。こんな情けない話があっていいのかねしかし・・・

最も、戦争なんて核ミサイル一発で片がついちゃう時代に、わざわざ兵士を送っての地上戦とか、空からの空爆とかって意味あるのかね?一応、国際軍事法に従って建前上、核兵器を使わないフリをしているだけだろ?ユ○ヤさんよ?バレなきゃ人工地震も起こせるんだってねぇ?もうバレバレだけどね。

人類は月に行ってないんだから、実は核ミサイルも一国を地図から消すことの出来る能力なんて全然無かったりしてな。これなんかも冷戦構造から生み出したユ○ヤお得意の人類を騙す為の陰謀だったりしてな・・・・

結論からいくと、21世紀はサステイナブル(未来循環型)なエネルギーというものがあっても良い時代に来ているのかもしれないな。それも日本・アジア発でね。無駄なエネルギーにお金を使わないのが一番だろう。給料が上がらないんだから、今までの半分の生活費で賄えるようになれば良いわけでしょう。金を沢山稼いで沢山浪費するのではなく、多少稼いで、普通に消費する時代が本来ノーマルなはずだ。その為に安く、クリーンな、未来循環型のエネルギーが早急に開発を待たれる今日この頃だろう。


人類がいつかは必ず完成させなければならない装置、それが永久機関である。

一度動き始めたら、永遠に動き続ける。燃料もいらないし、排気もない。永久機関が完成すれば、石油問題も電力問題も、エネルギー問題はすべて解決できるのだ。

そして今、海外サイトにアップされた永久機関に注目が集まっている。

構造はいたって単純だ。クレーン付きトラックの前面に、金属板を付ける。クレーンの先には強力な磁石をつける。これだけだ。どのように動くと考えられているのかは、もうお分かりだろう。

金属は磁石に吸い寄せられる。つまりトラックは磁石に近づこうとする。つまり走る! しかし磁石はいつまでも遠くにある。近づこうとする……走る! ――というワケだ。

果たして本当に動くのかは謎であるが、このような斬新なアイデアが永久機関への第一歩。磁力を完全に制したら、人類の未来は明るいだろう。

【ロケットニュース】エネルギー不要! 巨大磁石を使った永久機関エンジン
http://rocketnews24.com/2011/09/16/130902/
カウントダウンメーカー
クリッターズ
そしてそこのB層の君よ!間違った情報に騙されてはいけない!
テレビ・新聞・大手マスコミの情報に大いに疑問を持とう!


↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

▲ブログトップへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★原発災害から半年、福島に未来を取り戻そう!
★チャレンジ無くして福島の未来は取り戻せない!★画像はクリックで拡大します★福島 ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/09/20 00:56
★原発災害100km圏内は直接の当事者だ!
★脱原発を電源立地交付金に頼る自治体に任せては危険だ。<画像はクリックで拡大しま ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/10/13 23:54
★誰も書かない原発列島、恐怖の実態!
★未曾有の災厄に見舞われた福島の不幸!明日は我が身の現実を直視せよ!<画像はクリ ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/10/23 01:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 【情報提供】
以下のYOUTUBE動画をご覧ください!

1・初めて実行員が暴露したアメリカの国際陰謀・工作秘史

2・エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

上記の動画は米国独立系TVの「デモクラシーナウ」で2年ほど前に放映された動画です。
身内の中からの「告発」ですから、極めて信憑性が高い動画だと思われます。
今回の与党の大臣交代政変も大いに怪しい事態でしょうが、某大国の陰謀行動であることは議論を待たないでしょう。
山本海舟
2011/09/17 13:54
エネルギー問題を解決できる方法は、実際には相当あるようですね。しかし、あの連中がすぐに邪魔をしたり、乗っ取ったりするため、世に出ないのでしょう。
知人の関係者に発明家がいるのですが、すばらしい発明品ほど公表しにくいそうです。

インドと中国は犬猿の仲であり、実質停戦中のような状況ですが、この二国が組めば、向かうところ敵なしだと思います。欧米は手も足も出ないでしょう。
この件をインド人に告げるとしばらく固まってしまいます。発想そのものが、ないのでしょうね。

しかし、少し時間が立つと中国と和解して、広域の経済圏をつくることが、どれだけ世界に役立つかということが分かってくるようです。
春曲丼
2011/09/17 13:54
多分ジョークだと思うけど、エントロピーの法則(熱力学第2法則)というのがあって永久機関は存在しえない(従って特許庁も脚下)、力には内力と外力とがあって内力からはエネルギーは取り出せない。以上は高校生の物理。
もし、見かけ上このようなモノが永久機関の如く動いたら、其れは太陽熱や風力などの外部エネルギーによるもの。
こんな記事を書いてたらコシミズ先生が泣くよ。
所で、オバマのカウントUPはいつまで続くの?こちらも永久??
unknown
2011/09/17 17:30
左につこうが右につこうが庶民に影響はないっすよ。

少なくとも煽動家さんたちに甘い汁は吸わせたくないので、ちょっと辛いけど私は今のままで良いです〜。


2011/10/12 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
資源エネルギーの奪い合いが人類の争いの火種でもあり、技術の進歩でもあることの矛盾 B層よ!今こそ覚醒せよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる